在職による転職

在職による転職

転職活動をする人には、在職による転職と、離職による転職の2種類があると思います。在職による転職は、転職前の職に就いたまま行う転職で、離職による転職は、転職前の職を辞職してから行う転職のことです。在職による転職は、転職先が決まったときに、転職前の職を辞職する分、安定しているといえるでしょう。

ただし、在職のまま転職をする場合、すぐに在職を辞職して、新しい転職先に就任するのは難しいため、スピーディーな対応を求めている企業にとってはデメリットになることがあります。かといって、在職を手放してから、転職活動をするとなると、大きなリスクを負うことにもつながります。また、すぐに仕事を辞めないという誠意を評価され、転職が有利になる場合もあり、企業にとって評価はさまざまです。

離職による転職の場合、離職してすぐさま転職活動をはじめれば、大きなデメリットが生まれることはありませんが、なかなか転職先が決まらず、ずるずると転職活動期間が延びると、悪い評価をもたれる可能性があります。転職活動期間が延びているのは、ある意味では不自然なことであり、企業側からするとその理由を確かめたいと思うはずです。その理由をしっかり説明できないと、働く意思が強くないと思われてしまうかもしれません。

    Copyright(C) 辞める前に考える転職 All Rights Reserved.