転職の多い昨今

転職の多い昨今

日本の企業は、以前までは終身雇用が特徴的な雇用体制でした。新卒で会社に入り、その後は定年退職するまでずっと同じ会社……というのが珍しくなく、むしろ一般的でした。終身雇用という雇用体制は、安定した収入、生活を得られるというメリットがありますが、近年においては、あまりその終身雇用の意義は大きくありません。社会人の多くが勤めていた会社を辞め、転職などをしている現状です。

それは単純に安定した職業……というものがなくなりつつあることが1つの原因でしょう。この不況の影響で、非常に利回りが悪いことから、リストラや会社自体が倒産ということも普通にありえるのです。また、日本全体の平均収入も落ちており、不況が回復しないかぎりは、これからもどんどんと落ち込む可能性があります。なぜなら、国民は国の無駄遣いをやめさせようと訴えますから、まず公務員の収入は落ち込むだけ落ち込んでいきます。そして、公務員の収入が極限まで落ち込んでしまえば、民間の企業も相場はそんなものかと思い、収入を公務員の収入に近づけていきます。すると、公務員と民間=日本全体、特に一般的なサラリーマンの収入が減っていってしまうのです。

このように、将来に不安を持つ人たちが、そのリスクを回避しようと、転職を望んでいるのです。

    Copyright(C) 辞める前に考える転職 All Rights Reserved.