資格を取るべき?

資格を取るべき?

資格は、就職や転職に限らず、企業から評価を受ける材料になりますから、持っておいて損はありません。特に、その企業の業務と関係があったり、その資格の取得が応募条件に含まれていたり、優遇措置を取ってくれる企業の場合、採用の可能性、採用後の待遇が有利になるので、そういったところに応募するべきでしょう。逆に、関係のない資格ばかり並べたとしても、参考程度にしかならず、それほど有利になるということはないので、注意しましょう。

主に専門的なスキルが求められる上、資格取得が法律などで定められておらず業務を行う際に必須でないような業種においては、資格は力を発揮します。資格取得が法律などで定められている場合、その業界は全員資格を持っているため、価値にはなりませんが、資格取得は必須でなくても、あるのが望ましい業種ならば、資格を持っていることが大きな価値になります。たとえば、IT関係、建設関係においては、その価値が顕著といえるでしょう。

また、業種だけでなく、自分の求めるポジションにおいて、その資格の能力が発揮できるかも重要です。その業界の資格を持っていても、実際の業務において活用できなければ意味がありませんから、注意が必要です。

    Copyright(C) 辞める前に考える転職 All Rights Reserved.